小学校受験をお控えのご家庭の方へ小学校受験、幼児教材に関する情報を提供しているサイトです。

付属、私立小学校に合格後いくら掛かる

小学校受験の勉強法【ご両親の方へ】

      

小学校受験をお控えのお子さんを持つご両親の方へ役立つ情報を発信しています。

付属 私立小学校に合格後いくら掛かる

 TOP >> 付属、私立小学校に合格後いくら掛かる
Contents Menu
付属、私立小学校に合格後いくら掛かる


 子どもの教育課程において、小学校・中学校は義務教育のため、

 一般的には授業料は免除されています。



 しかし、実際には、補助学習費や給食費など、毎月支払うお金は

 いくらかかかってくるのが現実です。



 授業料も公立小学校は免除されていますが、付属小学校や

 私立小学校では授業料も支払う必要があります。



 それに、私立小学校の場合は、歩いていける距離に学校がある

 わけではないので、電車やバスなどの交通費も必要になるでしょう。



 文部科学省に調べによると、私立小学校では年間平均で、授業料や

 遠足、学校納付金などの
学校教育費が78万円給食費が3万円

 学習塾や習い事などの
学校外活動費が56万円全部で約140万円

 近くかかるとされています。



 小学校生活の6年間、これだけの支払いを毎年続けなければ

 いけないのです。



 また、私立小学校の場合には入学金が必要となるため、入学年度には

 他の年よりも費用がかかることも頭に入れておきましょう。



 入学年度には、入学金、設備維持費、父母会入会金などを合わせて、

 
大体30万円から70万円ほど必要になります。



 学校によっては、任意ではありますが、寄付金を納めるように

 求められること少なくありません。



 もちろん、学校の歴史や校風、設備や立地条件などにより、

 支払う金額にも差が出てきますから、入学前の説明会の時に

 しっかりと話を聞いて、準備を進めておくことが大切ですね。



 小学校には、特待制度や奨学金制度はあまりありませんが、

 中には、兄弟割引を設けている学校もあるようです。



 私立小学校にかかる費用は、公立小学校にかかる費用の約三倍とも

 言われています。



 私立小学校に通わせるのであれば、十分に資金を準備しておく

 必要があるでしょう。



 付属小学校の場合には、制服代などが公立の小学校と比べると

 高くつくようですが、学費については私立よりも安く済むはずです。
子どもが楽しみながら着実に実力をつけていく方法

  

  書籍「小学校受験 目からウロコの合格ノウハウ」、「満点育児法」、

  「頭が良くなる絵本の読み方」を出版し、雑誌「VIEWS」にも掲載されました。

  また、数多くのテレビ取材や番組にも取り上げられています。

  テレビ朝日 「そんなに私が悪いのか!?」 

  テレビ朝日 「これは知ってないと」 日本テレビ 「ウェークアップぷらす」
  

  >> 公式サイトは
 こちら <<

お受験あすか会小学校受験合格講座



小学校受験の役立つ情報

  小学校受験の学校の選び方

  小学校受験するなら塾それとも幼児教室

  小学校受験をするメリット・デメリット

  小学校受験をする時の親の心構え

  付属、私立小学校に合格後いくら掛かる

  付属、私立小学校入学までに掛かるお金

  小学校受験、塾以外の習い事は

  小学校受験で家庭教師って必要なのか

  小学校受験で子供が嫌がったらどうする

  小学校受験で万が一落ちた場合は

  小学校受験いつ頃から取り組むのか

  小学校受験の時の自宅学習のコツ

幼児教材での学習方法

  自分の子にあった幼児教材の選び方

  幼児の間に英語も習わせるのか

  幼児教材で自宅で学習?幼児教室に行く

  幼児教材の種類ってどんなのがある

幼児教材の特徴と口コミ情報

  小学館ドラゼミの幼児コースの特徴、口コミ

  幼児向けZ会教材の特徴、口コミ

  ビッテ式家庭保育園の特徴、口コミ

  モンテッソーリ式プルチノの特徴、口コミ

  ワールドワイドキッズの特徴、口コミ

  学研の夢くらぶNetworkの特徴、口コミ

  七田式はっぴぃタイムの特徴、口コミ

  小学館シリーズの特徴、口コミ

Information

  サイトマップ

  当サイトについて

  リンク集

Copyright (C) 小学校受験の勉強法【ご両親の方へ】 All Rights Reserved
FX